肥満って高血圧とどう関係しているの?

肥満とは、身体に脂肪や体脂肪が多くついている状態のことをいいます。肥満になるとさまざまな弊害が出てきてしまい、その中のひとつが高血圧になります。
必ずしも肥満の人が高血圧になるわけではありませんが、標準体重の人に対して2~3倍は高血圧の発症率が高くなると言われています。
これの原因は、血液量が増加して心臓から血液を送り出すときに大きな圧力が必要になったり、食べ過ぎることによって食塩の摂取量が増えている、交感神経機能が亢進することによって血管が収縮して血圧が上がる、インスリンに対して抵抗力が高まっており、糖代謝が正常に行われなくなっているため血圧が上昇するなどのことが考えられます。
肥満の人は血液中に脂質が多く、血液の流れがスムーズに行くことはないとされています。そのため体脂肪に圧迫された細い血管を通るときに血液を押し出すときに心臓に負担がかかっていることも原因のひとつとなります。
高血圧の遺伝子を持っている人は肥満になると大半が高血圧になるともいわれており、痩せることによって高血圧が改善する場合もあります。
太っていることが原因の高血圧は、薬物療法するときの降圧薬の効果が薄いとされており、まずは運動療法によって痩せることから身体を改善していく場合が多いのです。
肥満は高血圧だけではなく、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病を引き起こしたり、メタボリックシンドロームによって動脈硬化や脳梗塞、狭心症などのリスクを高めてしまいます。
このような病気にかからないためにも、ウォーキングや軽いジョギング、サイクリングや水泳などの有酸素運動を日常に取り入れ、食事も適度にバランスよく摂っていくことが大切です。

■有名!ダイエットに効く薬
ゼニカル



ページトップへ