よく噛むことや即効性のあるカミングで肥満解消できます

肥満は、消費カロリーよりも摂取カロリーが多く、運動不足で基礎代謝が低く、暴飲暴食、どか食い、不規則な時間帯の食事、早食いなどに原因が考えられます。
早食いの習慣がある人には肥満傾向にあります。しっかり噛んで食べることは満腹感が得られやすくなり食べ過ぎを防止し、ホルモンが分泌され食欲を抑制します。また代謝が活発になり消費カロリーが増加し、薄味や少量でも十分に満足感が得られるようになり、肥満の解消や予防が可能になります。
ゆっくりよく噛むことは、肥満対策の行動療法のひとつで咀嚼法と呼ばれています。この方法を実践するとBMIの減少効果と健康への関心や不安の緩和にも有効なのです。厚生労働省では、1口30回噛む習慣を勧めています。食べ物を一口30回噛むことは容易ではないため、食べ物を一口入れたら箸を置いていつもより5回多く噛むようにしたり、カレンダーなどに毎食しっかり噛んでたべることができたら印をつけるなど、気軽に始めることが大切です。
よく噛んで食事をすることはダイエットにもつながります。噛むとヒスタミンという物質が分泌され、この物質が満腹中枢に働いて適度なところで食事を抑えます。また内臓脂肪の分解を促すこともあり、噛めば噛むほど減量につながるのです。
カミングという即効性がある一食置き換えのダイエット食品があります。カミングは肥満やメタボリックシンドロームの予防、改善を目的として開発されました。カミングというダイエット食品は肥満治療に用いられる咀嚼法をもとに開発されたダイエット方法で、1食分を置き換える方法です。一食を置き換えるダイエット方法は即効性があるため、成功する確率は高いです。
肥満やメタボリックシンドロームだけではなく、即効性のあるダイエットにも効果があるため、食事はよく噛んで咀嚼することを心がけることが大切です。



ページトップへ