気になるウエストサイズとラクトフェリンによる肥満対策

肥満の悩みを抱えて入る人は男女ともに多いですが、肥満になると気になるのがウエストサイズです。
お腹まわりは特に肉がつきやすい部分で、皮下脂肪だけではなく、内臓脂肪もつきやすいので、注意する必要があります。

お腹まわりが気になってきた場合はメタボリックシンドロームも意識する必要が出てきますが、メタボリックシンドロームは内臓脂肪型肥満にくわえて高血圧や脂質異常、高血糖などの症状のうちのいずれかの2つの症状が合わさった状態を指します。
それゆえに、血糖値や血圧に不安のある人の場合は生活習慣病のリスクも高まりますので、健康管理はよりしっかり行っていく必要があります。

やや太めでも血液検査の数値などが正常であれば、油断しがちですが、太りすぎることはやはりよくありませんので、将来の病気を防ぐためにもやはり痩せる努力はしておきたいところです。

肥満を解消するためには、運動や食事療法が大切ですが、すぐに効果が出るわけではありませんので、根気よく続けていきましょう。

そしてダイエットをサポートしてくれるサプリメントなども活用すると、より楽にダイエットが行えるようになります。

ウエストまわりが気になる人はラクトフェリンに注目してみてはいかがでしょうか。
ラクトフェリンは母乳に含まれている成分として知られていますが、摂取することで内臓脂肪を減らすことができ、ウエストサイズのダウンにも役立つことがわかっています。

ラクトフェリンはそのまま摂取しても大人の場合は胃でほとんど分解されてしまいますので、十分な効果を発揮することができませんが、現在販売されているラクトフェリンのサプリメントは胃で溶けないよう工夫がされているので安心して摂取していくことができます。



ページトップへ